FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

2008/10
<<09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  11>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
誤解を与えかねないニュース~不安神経症で異常行動はとらない!
異常な運転で警察出動!ヘザー・ロックリア、薬物使用の疑いで逮捕
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080929-00000025-flix-movi

>ヘザー・ロックリアが薬物の影響下で運転をしていた疑いで逮捕された。警察によると、ヘザーは午後4時半ごろにカリフォルニア州サンタバーバラ郡にある 駐車場でエンジンを空ぶかしし、道に落ちていたサングラスの上をバックして数回ひいているところを目撃されている。この目撃者は、その後、高速道路の脇に 車を止めてヘザーが車から降りたのを見て、身の安全を心配し、警察に通報したとのこと。ピープル誌によると、警察が到着したときにはヘザーは車の中にいたらしい。
 最近のヘザーは自殺の可能性を精神科医に心配されたり、不安神経症とうつ病でリハビリ施設に入院したりと精神的に不安定な状態が続いていた。


こういった記事を見つけました。

この書き方だと不安神経症とうつ病の人がちょっと精神的におかしいのではないかと言うようにとられてしまいますね。

確かに、精神的に参っているかもしれませんが奇行をおこすというようなことは聞いたことがありません。
主治医からも聞いたことは、ありません。

ただ、不安神経症の人は、「自分がおかしな行動をとってしまうのではないか?」と言うような不安を抱くことはあります。僕もありました。
それは、ただそう感じるだけで実際に変な行動をとることはありませんでした。

このような報道をされると変な誤解を与えかねないので困りますね。


へザー・ロックの場合は、薬と飲酒ですからね。単に酔っ払ってただけかもしれません。

スポンサーサイト

テーマ : 気になったニュース
ジャンル : ニュース

tag : 不安神経症 飲酒 薬物 奇行 異常行動

不安を和らげる方法。
不安を和らげるためにやったこと。

不安が出てきてどうしようもない時、薬のほかにその不安を和らげる方法として、
クラッシック、波の音(CDで出ています)を聞く、アロマオイルを焚くなどの方法を試してみました。

少々の不安であれば音楽を聴いて腹式呼吸をすることで不安が治まることもありました。

音楽はクラッシク、オカリナなどの自然に近い音の音楽などを聴くと割りと効果がありました。
その他にアロマオイルを焚くという方法も試してみました。実際にアロマテラピーといって匂いでリラックスさせる療法もあります。
音楽とアロマオイルで結構リラックスできました。ただ、アロマオイルが結構高かったので長続きはしませんでしたが。

他には、専門家の指導が必要になるのですが自律神経訓練法というのもあります。
これは、専門家による指導を受けたほうがいいでしょう。
病院には、専門の先生が指導をしているところもありますのでカウンセリングと自律神経訓練法をあわせて行うと心身的に安定してきます。
(人によって効果は変わると思いますが)

このように薬のほかに色々な方法で不安から開放されるためのアプローチが行われています。



テーマ : 日記
ジャンル : 日記

tag : 不安神経症 不安 アロマテラピー 自律神経訓練法

不安神経症とつきあって20年
不安神経症とつきあって約20年になります。

はじめの頃と比べると随分良くなりました。

昔は、不安で電車、バスに乗れない、友達と食事に行けないなどなど(広場恐怖)、生活に支障が出ることばかりでした。

今では、食事や電車、バスなど問題は全然ありません。

ただ、今でもは飲んでいます。

は、飲んでいるけれども普通に生活できているので良しとしています。

ただ、人より疲れやすい、ストレスや心労を強く感じると少し体調を崩したりします。

そんな時は、頓服としてもらっているを体調に合わせて増やしたり、減らしたりして飲んでいます。
の力を借りてでも通常の生活を送るということが大切だと思います。

不安神経症は、予期不安がよく出てきますがその不安はそのまま受け止めて行動をすることが第一
だと思います。

この不安を受け止めて行動するというのは、「森田療法」という治療法のひとつでもあります。

森田療法とは、精神科医の森田正馬によって創始された神経症に対する精神療法です。

「あるがまま」というのが基本的考えです。詳しくは、多くの書籍が出ていますのでそちらを参考にし
てください。

まあ、そういうことでを使ってうまく付き合うのもひとつの手段です。

ここで注意ですが先生の許可を得ずにを増やしたり、減らしたりすることは危険ですので
必ず先生と話し合ってくださいね。

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

tag : 不安神経症 森田療法 広場恐怖

不安神経症の症状が出たのは20年前
不安神経症(パニック障害ともいわれました)と診断されたのが約20年前。

その頃、本屋に行ってもそのような病名の本もなく、どんな病気なのか自分でもよくわかりませんでした。

わかっていたのは、精密検査をしてもどこも悪くないということだけでした。

何故か死の恐怖があったのは確かでした。検査の結果、体に異常はないとわかっていても死の恐怖と言うのはありました。

このように何の根拠もないのに不安が常に付きまとう症状が不安神経症の症状のひとつです(人によって違いは、あると思いますが自分はそうでした)。

まあ、こんな症状が続くと疲れ果てるのも確かで、疲れればまた調子が悪くなるという悪循環になっていくのです。

そこでの力をかります。

を飲むことに(とくに心に効く)抵抗もありました。

しかし、を飲まずに家で寝ているより、に頼ってでも外に出るようにしたほうが明らかに後者のほうが効果的です。

経験者は語るってやつです。

因みに自分は今でもを飲んでいます。特に副作用はありません。

ただ、定期的に肝臓の検査はしておいたほうがいいですが。

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

tag : 不安神経症 不安 副作用 死の恐怖

風邪ひいみたい
風邪をひいたみたいです。

頭と喉が痛い。

勿論、やる気なんてでません。

ここが問題。

ふつうの人でも風邪を引けばやる気なんて出ません。

が、不安神経症やウツの人は、それを病気のせいだと思ってしまうんですね。

それで「あ~やっぱり病気のせいか」と落ち込んでしまいます。

そこで落ち込んではいけません。

誰だって風邪を引けばやる気なんか出ません。

不安神経症だから、ウツだからと思い込まずに誰でもそうなんだと、

頭を切り替えましょう。そう思うようにちょっとだけ努力しましょう。

特に不安神経症は、予期不安というものが強く、その予期不安がすごく邪魔をします。

要するに予期不安で悪循環を招いてしまうのです。

なるべくその悪循環にならないように心がけましょう。

でも、そう簡単にいかないのが予期不安なんですけど。

でも大丈夫必ず良い方向に向かいます。

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

tag : 予期不安 不安神経症

ウツには、早起き!
最近、肌寒い日が続いています。

空模様もどんよりとした感じで気分も優れません。

どんよりとした感じ。

これがウツっぽい人には、たまらなく嫌なものになります。

ただでさえ気分が落ち込んでいるのにこのどんよりとした天気。もう、最悪です。

なので晴れた日には、お日様に当たりましょう。思い切り太陽に当たると人間、元気が出るらしいです。

どうせ当たるなら朝陽が1日中の中でももっとも体にいいそうです。

でも、朝陽に当たるには早起きが必要ですね。

ウツの人にとって早起きは一番の難関だと思います。

とても起きれたものではありません。

でも、ちょっとでいいので起きて朝陽を浴びましょう。

ウツを治すある民間療養所では、朝の散歩をするようにアドバイスをしています。

要は、朝普通に起きて行動してという、人間本来のリズムを取り戻すための治療法ということですね。

これだけでウツが治るとはいいませんが、たったこれだけのことで症状が少しでも改善されれば安いものだと思います。

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

tag : うつ 朝陽 散歩

心に疲れを感じたら
心に疲れを感じたら早めに病院に行きましょう。

できれば心療内科。近くに心療内科がなければ精神科へ行きましょう。

精神科というと少し抵抗を感じる方がいると思いますがそんなこと気にせずにちゃんと行きましょう。

心の疲れって色々な形で出てきます。

○やる気がおきない。
○会社に行くのが嫌だ(単に怠けてるわけではなく)。
○体が重い、特に朝。夕方になると楽になる。
○イライラする。

まあ、他にも症状はありますが、このような症状が出てきたら早めに病院に行って先生に相談しましょう。

早めに行って治療したほうが早く治りますよ。

とにかく、一人で悩まずに相談することです。

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

tag : うつ 心療内科 精神科

ちょっとウツっぽい。。。
最近、少しうつっぽい状態が続いています。

なんだかやる気がおきません。

それに色々と考えると特に体調に変化が起きます。

生活費の事、支払いの事、将来の事色々考えると気分が落ち込みます。

このような心配事は、人間なら誰にでもあるのでしょうが、

人によってはとても重いものになることがあります。

人よりストレスに弱いと言うことですかね。それに思考パターンもネガティブになりがちです。

そういう時は、抗ウツ薬でも飲んでリラックスしましょう。

特にを飲むことに関して罪悪感をもつのはやめておいたほうがいいと思います。

を飲んで調子が良くなればそれでよし。思い切り行動しましょう。

落ち込んだときは、それなりに行動しましょう。これって森田療法になるのかな。

とにかく、を飲んででも動けるようになりましょう。

どうしてもダメな時は、何も考えずゆっくり寝ましょう。

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

tag : うつ 抗ウツ薬

サラリーマンは辛い
メンタルヘルス対策 導入事業所いまだ33%
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/living/health/186981/

>「鬱病」など「心の健康(メンタルヘルス)」について対策を講じている事業所の割合が、2007年10月末の段階で、約3割にとどまっていることが、厚生労働省がこのほどまとめた「2007年労働者健康状況調査」でわかった。


サラリーマンは、辛い。
今の世の中、売り上げだなんのとひとりひとりにのしかかるプレッシャーが多くなってきています。
そのくせ、給料は現状維持、若しくはカット。
これじゃ、いくら頑張っても張り合いがないのでストレスがたまるばかりです。

毎日、自宅と会社の往復ばかり。家に帰って飯喰って寝る。
気づいたら、もう朝。そして仕事。

これでは、心身の健康は保てませんね。

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

なぜか、不安。。。
不安。

一言でいうと「不安」しか言いようがないのですが。

ちょっとわかりにくいかもしれませんが、不安について書きます。

まず、不安になる対象がありません。
例えば、「今日は会社でプレゼンがあるんだけどうまくいくかどうか不安だ。」というような不安ではありません。

「漠然とした不安、不安の原因となる対象がない」というような感じで胸がそわそわしたり、血の気が引いてきたり、軽いふらつきなどがあったり色々な2次的な症状が出てきます。

ある意味、不安よりこの2次的症状が主な治療対象となることもあります。

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

tag : 不安神経症 不安 離人感 離人症 動悸 ふらつき

次にきたのは…
次にきたのは、わけもわからない不安でした。

とにかく、理由もなく不安になるのです。

そして、自分が自分でないような感じ(離人感といいます。これは一般の人にもあります)がしてきて、
動悸ふらつきが出てきました。

それが物凄く辛い。
不安の原因がわからないので解決しようがない(この時点で病院に行っていれば良かった)。

こういった症状が病気だと思いもしなかったので症状が出る状況を避けていました。

ま、何の解決にもならなったですが。

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

tag : 不安神経症 不安 離人感 離人症 動悸 ふらつき

最近の記事
カテゴリー
ユーザータグ

不安神経症 パニック障害 不安 ウツ  体調不良 うつ 抗不安薬 離人感 疲れ 抗ウツ薬 森田療法 頓服薬 動悸 ソラナックス ストレス解消  アロマ 癒し パキシル 行動 心療内科 ふらつき 離人症 精神科 予期不安 ストレス 眠い SSRI 休日 爆音 改造バイク 健康診断 暴走族 病気と付き合う 寝不足解消 異常行動 悩む 胃カメラ 寝不足 イラつく 気分 テニス レッスン 夏の終わり 昼寝 投薬 心の病 奇行 民間療法 ディスチミア 残暑 薬物 夏の疲れ 起きるのが辛い 気分最悪 憂うつ ベッド 布団 不誠実 職場 正月 寝る 税金 朝陽 広場恐怖 アロマテラピー 自律神経訓練法 飲酒 精密検査 死の恐怖 散歩 趣味 副作用 リズム 運動 SSRI ssri 日記 クーラー 疲れたとき 盆休み 不景気 頓服 アロマディフューザー・ミニ 夏休み はやぶさ におい いい香り 貧乏暇なし 気分が沈む 固形石鹸 液体石鹸 はやぶさ2号 事業仕分け ロマン 目がちかちか 休みすぎ 良い加減 いい加減 雇用不安 派遣切り パニック発作 トリプタノール 暑い 乳酸 レキソタン 薬代 医療費 ストレス解消法 考える アロマオイル 症状 考えすぎ 通院 イライラ 冷たさ 抗うつ剤 

フリーエリア
ブログ内検索
管理人おすすめ
パニック障害・不安障害を新・自己催眠で克服するプログラム
日ごろの疲れを癒すために
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。